ai-appletea’s diary

自由が丘で暮らす30歳の会社員。日々の生活で感じたこと、おすすめのモノ・コト、少し恋愛の悩みなど、いろいろ綴りたいと思います。

マフラー問題

最近の小さな悩みごと。

去年買ったばかりのマフラーを、この前寒かった日に久しぶりに使ったら、なんかチクチクする。。

私は肌が弱いのかなんなのか(地黒だし、見た目強そうなのに)、ニットとかコートとかもそうなんのですが、手に取った時に大丈夫と思っても、身に着けるとチクチクして耐えられない...ということがよくあります。

だから冬物を買うときは絶対試着して、念入りに確認してから購入するんだけど、

このマフラーは綺麗な色が好みで、素材もカシミア100%、ルミネに入ってるちゃんとしたお店のものだったから、少しチェックが甘かったかも。(欲しい気持ちが強くて、まぁ大丈夫でしょって思い込もうとしてしまった)

去年もなんかチクチクするなぁと思いつつ、でも騙し騙し乗りきったような気がするけど、今年は耐えられないような。
1年経って年齢を重ねたことで、ますます肌が乾燥してるのかもしれないですね。悲しい。。


と思っていた矢先、メゾンイエナでものすごーく肌触りのいいマフラーを発見!すごい、これ欲しい!となったのですが、、、お値段40,000円。

高すぎる、無理。とその時は思ったものの、最近寒いし、ストールみたいに羽織りにも使えるし、やっぱり欲しい。でも4万はさすがに高い...ハワイでお金使っちゃったし...いやでも冬になったら毎日使うし、半端なもの買って今みたいにやっぱりチクチクするから買い換えようってなるほうがお金勿体ないし...それにしても4万はいくらなんでも...

みたいな考えがぐるぐるぐるぐる。

こういう高いものを買うとき、私の頭の中では「減価償却理論」が浮かんできます。耐用年数に応じて、毎年度資産価値を下げていくという簿記のやり方ですね。

そんな感じで、4万円のマフラーも10年使えば、1年につき4,000円。そう考えればそんなに高くないかも?むしろ早く買ったほうが使う期間が長くなる(人生の残りが長い)から、1年あたりの費用がより安くなるんじゃない?

とまぁ、要するに自分を納得させるための言い訳作りですね。

もっと安くてチクチクしないマフラーもあるかもしれないけど、いつ見つかるかわからないし、悩んでるうちに最初のが売り切れちゃうかもしれないし。とか。


でも特に今月は部屋の更新料も払わなきゃいけないので、こんな高い買い物してる場合じゃない。
ていうか更新料って何なんだろう?退去して別の人入れるほうが、清掃費用もかかるし、すぐ次が入らなければ家賃収入も得られないし、住み続けてもらうほうが絶対貸し主にとって特だと思うのに、なんで更にお金取られなきゃいけないのか。しかもマフラーの倍以上の額を...!


ちなみに先日、去年のマフラーを羽織って出掛けたのはたまがわ花火大会。
開催前々日くらいに知って、そういえば夏は花火見なかったねってことで行ったので、サプライズでもらったプレゼントみたいでワクワク。
寒くて滞在時間短めでしたが、いい思い出になりました。
f:id:ai-appletea:20181018124339j:plain