ai-appletea’s diary

自由が丘で暮らす30歳の会社員。日々の生活で感じたこと、おすすめのモノ・コト、少し恋愛の悩みなど、いろいろ綴りたいと思います。

今日の夜ご飯🍴

今日は、彼が明日試験なので、「試験に勝つ」とかけてトンカツにすることに。


彼はこういうことして喜ぶタイプじゃないので、ただの自己満足ですが(笑)


スーパーのお肉がいまいちだったので、自由が丘駅近くの稲毛屋精肉店に行ったら、もうパン粉まで付いたお肉を発見。これは便利!と思い、値段もそんなに高くなかったので、ロースとヒレを1枚ずつと、安かったのでササミカツを買いました。
揚げたものを買うこともできるみたいです。

揚げ方は、この前アサイチでやっていた水島弘司さんの“ゼロ火トンカツ”が美味しそうだったので挑戦。
アサイチのサイトに詳しく載ってますが、火をつけずに冷たい油にお肉を入れて、弱めの中火くらいで加熱し、泡が出てきたら火を止めて3分置いて、また火をつけて泡が出たら止める。これを3回くらい繰り返して、低い温度でじっくりお肉に火を通してから、最後に油の温度を上げて、衣をかりっと色づけるというやり方です。

まずお肉が浸かるくらい油を入れる...とありましたが、ヒレ肉が厚めで油が勿体なかったので、半分浸かる程度で時々返しながら。他はレシピ通り時間を計りながら揚げました。


結果、高温の時の温度がやや低かったのか、かりっと感がやや足りなかったのですが、中はジューシーで柔らかくて、とっっても美味しくできました!

特にササミがほんとにしっとり柔らかで、たぶんお肉も良かったんだと思う。ヒレも美味しかった~♪これからカツ食べたくなったらお肉屋さんで買おうと思いました。粉、卵、パン粉って自分でつけるの面倒ですよねぇ。。

水島シェフは低温調理を提唱されていて、以前この方のレシピでローストビーフを作ったら上手くできたので、本も持っています。

“冷たい油から揚げる”やり方は土井義晴先生も同じで、こちらは途中で火を止めたりしないので、もっと簡単(きょうの料理のサイトに載ってます)。

ただいつも思うのが、1回で揚げ終わる時はいいけど、もっと量が多くて何回かに分けて揚げる時はどうするんだろう...?


献立は、
・トンカツ
・サツマイモのお味噌汁
・レンジ蒸し茄子
・ひじきと人参の煮物
・しいたけのゆず胡椒マヨ焼き
・鶏と野菜の甘酢炒め(残り物)


しいたけは、ゆず胡椒とマヨネーズ塗ってからチーズ乗せて、トースターで焼いたもの。
料理家のSHIORIさんのインスタで見て、簡単でおつまみになるのでよく作ってます。


全然美味しそうに撮れてないけど、カツの写真を。お皿は今日、オルソスープストックの北欧雑貨市で買ったアラビアのもの。カラフルなお皿って使いにくいかなと迷ったけど、可愛いし通常よりお得だったので...これからたくさん活躍させなきゃ!
f:id:ai-appletea:20181021003243j:plain