ai-appletea’s diary

自由が丘で暮らす30歳の会社員。日々の生活で感じたこと、おすすめのモノ・コト、少し恋愛の悩みなど、いろいろ綴りたいと思います。

ハワイ旅行⑤(マノア・海岸ドライブ)

中断していたハワイ旅行。
もうこのままでもいいかな...と思ったりもしましたが、今回の旅行で1番よかったのがこの日(3日目)だったので、せっかくなので書いておきたいと思います。


○マノア

3泊5日で翌日早朝の便で帰国、だったので実質この日が最終日。

この日も終日車を借りて、まずはずっと行ってみたかったマノアへ向かいました。


マノアはワイキキからほど近くの、山あいにある小さな街。雨が多くて虹がよく出るので、「虹の街」と呼ばれているそうです。

ハワイ大学が近いので、学生さんがおしゃべりしながら歩いていたり、濃い緑の木々がたくさんあって、のんびりした空気が漂っています。
ワイキキとはまた違った雰囲気で、私はとても好きでした(*^^*)


よくガイドブックで見る“緑のスタバ”もマノアにあります。お店の前で気取って写真を撮ってから(笑)、同じ建物の並びにある「アンディーズ サンドイッチ&スムージー」で朝ごはんを食べました。


小さなお店の壁一面に、メニューがたくさん書いてあります。私たちが選んだのは、ブルーベリー入りのバターミルクパンケーキ、ツナとアボカドのサンドイッチ、苺のスムージー。

甘酸っぱいブルーベリーがたっぷり入った優しい味のパンケーキと、サンドイッチも具がぎっしり詰まっていて、本当に美味しい♥♥ハワイで食べたご飯の中で、これが一番印象的でした。


そのあとは、マノアフォールズでトレッキング。きついのかな...とちょっと不安でしたが、ちょうどよい感じでした。普通のスニーカーで歩いて、片道30分かからないくらい。

途中のちょっと開けた場所で、瑞々しい植物に光が降り注いでいて、幻想的な風景が見られたり、木々がぐねぐねと絡まりあったところを通ったり、飽きない道のりで、とても楽しく気持ち良い時間でした。おすすめです♥


それから、「チョコレア」へお土産を買いに。地元マノアの材料で作られたチョコレート屋さんです。

優しいマダムがたくさん味見させてくれて、ドライフルーツにチョコをかけたものが人気のようでしたが、マカダミアナッツチョコと、色んなフレーバーのある小さなチョコレートが気に入ったので、詰め合わせを買いました。

マカダミアナッツチョコっていろんなお店で買えるけど、ここは材料全てが地元産だし、小袋も売っていて、値段もそんなに高くない(6ドルくらい)ので、お土産にぴったりだと思います。


「モーニンググラスコーヒー」でコーヒーを飲んで、マノアを後に。スタバの創業者の1人が作ったお店で、おしゃれだけど適度に力が抜けていて、ゆるっとした空気で居心地良いカフェでした。


○海岸ドライブ

前の日に道を間違えたので、一旦ワイキキに戻る形で、オアフ島東側の海岸沿いをドライブしました。

たくさんのビーチがあるので、お気に入りを探せるのが楽しいコースです♪


私たちは、パイレーツオブカリビアンのロケ地になった「ハロナ・ビーチ・コーブ」と、砂浜の美しさで全米No.1に選ばれたこともあるという、「ワイマナロビーチ」へ行きました。


ワイマナロビーチは人も少なくて、静かで、砂浜が遠くまで広がっていて、穏やかなところ。

日陰にシート敷いてごろんと転がって、タオル被りながら、30分くらいぐっすりでした。


目を開けたら青い空と青い海、真っ白の砂浜に、波の音と、浅瀬でビーチボールを楽しむ地元の少年少女の笑い声が聞こえてきて、心から幸せだなぁと思いました。

♦♦

このハワイ旅行中にプロポーズしてくれないかな...と淡~い期待がありましたが、最終日のこの時点で諦めて。


そんな少し悲しい気持ちもありつつ、この穏やかなビーチで一緒にお昼寝したことは、ずっと忘れないでいたいなとふと思ったりしました。


最終日の夜ご飯は、奮発して老舗ステーキ店でディナー...だったのですが、長くなったのでまたいずれ書くことにします。(これで終わりにしようと思ったのに...)

f:id:ai-appletea:20181121000635j:plain
f:id:ai-appletea:20181121000724j:plain
f:id:ai-appletea:20181121000828j:plain