ai-appletea’s diary

自由が丘で暮らす30歳の会社員。日々の生活で感じたこと、おすすめのモノ・コト、少し恋愛の悩みなど、いろいろ綴りたいと思います。

今日は母と

仕事後に母と夜ご飯。
久しぶりに、アトレ品川の「エルカリエンテ」に行ってきました。


母とは月に1~2回は会っているので、久しぶりという感じは特にないのですが、それでも会うたびに思うのは、「年取ったなぁ...」ということ。


だから優しくしなきゃ...とは思うものの、実際は却ってつっけんどんな態度を取ってしまうダメな娘です。。
母がゆっくりゆっくり階段を降りていたり、スマホの調べものがぱっと出来なかったりすると、もう!となってしまうのは、年なんか取ってないでしょ、ほんとは出来るんでしょ、と思い込もうとしてるからかもしれません。


ただでさえ、突然実家を出て気づいたら同棲、そのまま結婚せず何年も...と、ものすごく心配をかけていると思うので、母には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もちろん、結婚とか出産は親のためにするものではないけど、心配してるのは事実だと思うから。


私が友人の結婚話を聞くと胸がチクリと痛むように、母もかつてのママ友から孫が生まれた報告を聞いたりすると、密かにため息をついているのかな。


色々私に言いたいことがあるだろうに、わりと我慢してくれていて、

たまにちくっと言ってくる時もあるけど、もちろん彼が結婚してくれないの、なんて母に言えないので曖昧な反応しかできなくて、そんな私をあまり深くは責めないでいてくれます。



去年一番下の妹が家を出て、遂に父と2人暮らしになって寂しいとこぼす母と、ちょこちょこ一緒に出掛けること。
会った時は、元気で楽しく暮らしてることが伝わるように話すこと。


ささやかだけど、今の私にできる親孝行かなと思っています。



そういう私も友達が少ないし、趣味の合う母と出掛けるのは楽しみなので、親孝行なんて偉そうに言えないんですけどね。


今日は感謝の気持ちを込めて、最近朝ごはんにグラノーラを食べると言ってたので、手作りのグラノーラをプレゼントしました。


が、「次は好きなドライフルーツ入れるから、リクエストしてね」と言ったら、「それ以前に、もっと塊がゴロゴロしたグラノーラが好きなんだけど」と言われてイラッ。

初めて作ったら水分が少なかったのか、オートミール同士が上手くくっつかなかった...


「食べる前に文句言わないでよ!!」と言い返して別れました。まだまだ、親に甘えてますね。。。

f:id:ai-appletea:20190212234045j:plain


エルカリエンテのワカモレが大好きです。母に食べてもらいたいとずっと思ってたので、美味しい美味しいと言っていて嬉しかった(*^^*)

活気があってお洒落なメキシカン、値段も手頃だし、セビーチェもタコスも美味しいです。


系列のイタリアン「リゴレット」は彼と初めてデートした場所で、今日のお店も雰囲気が似てるので、その時のことを思い出しました。

彼は爽やかな笑顔ですごく私に気を遣ってくれてたけど、表裏ありそうな感じがなんとなく漂っていて。その時は特段の感情は抱いていなかったので、「こういう人と付き合うのって苦労するんだろうなぁ」と他人事のように思いました。


良くも悪くも、想像を遥かに上回る日々を過ごしています。